相続税と香典

相続税と香典

相続税について、考えてみます。
よくある質問の中に
「お葬式にかかるお金は、どこから出すの?」という質問があります。

これは、ずばり、「施主・喪主」が出すものです。
間違っても、故人の口座から支出してはいけません。
故人の口座は相続資産として、厳重に管理しなければなりません。
遺産相続協議に支障をきたす場合がありますので、くれぐれもご注意ください。

葬儀と税金に関して、次によくある質問は
お香典には税金が「かかる?かからない?」
という質問です。

ずばり「葬儀の際に頂く香典は、相続の対象にはなりません」
上記の通り、葬儀は、「施主¥・喪主」が行う行為ですので
お香典は「亡くなった方ではなく、施主(喪主)の方へ渡すもの」という考え方で
す。
つまり、相続税という考え方ではお香典は「非課税扱い」です。

葬儀受付を頼まれたら、知らない人から何か言われても受付を交替したり離れてはいけません。

一方、受け取った側の方(施主・喪主)は一時所得として
「所得税」「贈与税」が掛かると思われます。
ただ、お香典に対して課税されることは聞いたことがありません。
このあたりは、税務署としても厳密にチェックはしないのかもしれませんね。
また、葬儀の費用と相殺(損益通算)することで、
「チャラ」という考え方をしているのかもしれませんね。

だからと言って、贈与税・相続税逃れのために
「お香典を100万円!」なんていう話も聞いたことがありますが、
さすがにこれはやりすぎです。
税務署に知られてしまうと「課税!」と言われてしまいますので、ご注意ください、

ちなみに…
「仏壇」は、相続税の課税対象になります。
なんだか不思議な気がするのですが、税務署としては
「仏壇も資産として評価する」という考え方のようです。

高価な仏壇をお持ちの方は、くれぐれもご注意ください。

受付や会計は信頼されている事が前提で依頼されます。
現金を扱う所ですので、引継ぎも無しにその場を離れてはいけません。
香典を狙う悪質な物もいますので、任された以上責任も伴いますので注意しましょう。