お墓の購入

お墓の購入

お墓を購入することは、人生の中でおそらく「1度きり」という方がほとんどですよね。
もちろん、買わずに人生を終える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

お墓は、一度購入すると、子供や孫の代まで引き継がれていく事になります。
ですので、お墓を購入することになった場合、しっかりとした知識を身につけ、後悔しないものを選びたいですね。

お墓には大きく分けて3つあります。
1.寺院墓地…お寺が管理していて、檀家となる必要があります。申し込みの際に面談があります。
2.公営墓地…比較的安いですが、抽選で決められ、その際にお骨を持っていないといけない場合がほとんどです。
3.民間霊園…特に決まりがなく、最近では様々な霊園が出来ているので、生前より予約をする方が増えています。

そして、お墓の場所を決めます。
交通の便が良いところだと、費用は高くなりますがお参りに来られる方たちは楽ですよね。
逆に交通の便が悪いところですと、費用は安く済みますがなかなかお参りに行けなくなるかもしれません。
ですから場所を選ぶ際には、お墓にかけられる費用も一緒に考えていく必要がありますね。

葬儀社を選ぶときには、葬儀の予算と規模、場所を優先して検討されることをお勧めします。

お墓にかかる費用として、「永代使用料」「管理料」「墓石・工事代」があります。
1.永代使用料…お墓の土地は購入したのではなく、土地を管理している人に借りているのです。なので固定資産税などの
税金がかかりません。土地を借りるので使用料を支払うことになります。
2.管理料…区分所有建物を購入した場合、管理費がかかりますよね。考え方はこれと全く同じです。メンテナンスや
共用部分の管理を行う為に必要になります。
3.墓石・工事代…石材の費用のことですが、吸収率や産地や種類などさまざまな理由で値段は変わってきます。
石を削ったりする工事代がかかります。

ここまで理解をした上で、ご自分の条件に合ったお墓を探していきましょう。
気に入ったところが見つかったら、どのくらい費用がかかるか見積もりを出してもらうといいと思います。
いくつかの候補地で見積もりを出してもらい、条件の合った場所を見つけていきましょう。

また、親族に継ぐ方がいなかったり、お参りする人がいない場合には、「永代供養墓」や「納骨堂」などがあります。
永代供養墓は、決められた期間はお寺や霊園の方が代わりに供養を行ってくれます。
納骨堂は、室内のお墓にお骨を収納します。墓地や墓石は必要ないため、最近では利用する方が増えているようです。
このような事も参考にしてみてくださいね。
様々な形態の葬儀社があるので、家族で優先順位を決めて葬儀会社を検討されると良いでしょう。
事前の見積もりをもらう事は必須事項として必ず事前見積もりを作ってもらうようにします。