死後の社会貢献について

死後の社会貢献について

最近はドナーカードに対する意識が高まってきました。この背景には、自分が死んだら後の体を提供して誰かの役に立ちたいという方が増えてきています。
貢献といえば思いつくのが、臓器提供ですね。あとは献体でしょうか。
どちらをしたとしたも、生前に本人が「亡くなったら提供します」と、証明が必要です。
ここではこの2つ。「献体」について説明していきますね。

葬儀では、多忙で疲れているご遺族との長話や、知り合いとの場違いな世間話は慎みましょう。
「献体」とは、「亡くなった時は臓器を提供する」と、生前に証明した場合、ご遺体が病院等に提供され、人体解剖学や学問研究の発展のために使われます。
ほとんどの場合は、亡くなったら火葬されるご遺体ですが、
生前、献体の登録をしておけば、ご遺体が大学病院などの研究に使われます。
「研究が終わった後の遺体はどうなるの?」と、疑問に思った方もいるかと思います。研究終わったら、ご家族の元に帰ってきますのでご安心して下さいね。
献体のメリットについて知らない方も多いと思います。実は、ご家族に返すまでの費用は研究機関が負担してくれるのです。
しかし、デメリットもあります。研究によって時間がかかって、ご家族が思っている期間には戻ってこない場合もあります。
そして、献体登録のためには、もちろん親族の許可が無ければいけません。
もし親族がいない場合は市町村などの許可をもらわなくてはいけませんのだ注意が必要です。
これを読んで献体に興味を持った方は、献体協会について調べてみて下さいね。
親族の同意を得て、献体協会に登録申請をすれば会員証がもらえますよ。
これを機に自分の死後について考えてみてはいかがでしょうか。

病院での入院から臨終と疲れている所に、日を待たずして葬儀に入るわけですから疲れのピークに入っている為、気遣いは必要です。
知り合いとの話も場所を変えて行う事が家族に対してのマナーです。