秘密証書遺言について

秘密証書遺言について

ここでは、「秘密証書遺言」についてもっと紹介していきますね。秘密証書遺言は、その名の通り、書いた中身が完全に分かりません。
しかし自分しか分からないということは、内容や書き方に間違いがあったとしてもチェック出来ません。
しかし、公正証書遺言は公証人のチェックが受けられるので、事前に間違いを直すことが出来ますね。

葬儀社を選ぶときには、それぞれの葬儀社が力を入れている葬儀のスタイルを調べるのが良いでしょう。
知人の方が言っていました。大切な遺言書ですので、事前に内容の確認が出来る公正証書遺言が確実ではないかと・・・
もちろん内容は公証人とチェックしても内容を他の人に知られることは無いですし、
遺言を残す人と利害関係にある人は立会人になることができませんので、
内容が漏れるリスクはほぼ無いですよね。

人はいつ遺言を書く事になるか分かりません。何らかの不備で遺言が無効になったり、それが原因で残された人がトラブルになるのは避けたいですよね。
それならば、より確実な公正証書遺言がいいのではないでしょうか。
公正証書遺言となると、費用がかかりますし、立会人を決める必要があります。
大切な遺言書、確実に作成してくださいね。

葬儀社によって得意・不得意があって、葬儀のプランから葬儀を行えるエリア又自社の葬儀式場があるかなど、自宅での安置が出来ない場合など、安置場を持っているかなど調べておく必要があります。