自筆証書遺言

自筆証書遺言

前のページでは、遺言のには種類があって、三通りの作成方法があることを知りました。
この中の、「自筆証書遺言」にスポットをあてていきますね。
自筆遺言証書は、思い立った時に作成できて、時間も場所も考えなくていいので、
三種類の中で1番簡単にできます。
ここで言う簡単は、遺言書を作るのが簡単ということではないですよ。
自筆証書遺言が有効になるには、法律に基づいて書いていく必要があるので沢山の注意が必要なんです。
しかし逆を言えば、そこらへんの知識さえあれば良い訳ですから作成しやすいのは確かです。

葬儀のことは、葬祭業者のスタッフが助けてくれます。
もっと詳しくみていきましょう。自筆証書遺言という名の通り、必ず自分自身で書きます。
代筆なんてもちろんNGです。パソコンもNGで、このように書かれた遺言は一切認められませんよ。
また、書いた日付は誰が見ても分かるようにしましょうね。
日付が分からない場合は、それだけでせっかく書いたものが無効になってしまします。
日付と一緒で署名と押印も必ず必要です。
万が一文章を間違えて訂正が必要な場合は、対処方法があるので確認してみて下さいね。
葬儀業者の中でも葬儀のアシスタント的な役割のスタッフと、打ち合わせから当日の葬儀の担当まで執り行えるスタッフがいます。担当スタッフが葬儀についての知識がありますので葬儀全般をお手伝いします。