遺言書の種類

遺言書の種類

引き続き遺言についてですが、自分の思いが全て通るわけではないのです。
遺言は民法に沿って残していく必要があるので、
せっかく残しても民法に沿ってなければ意味がないですよ。

大きく分けて遺言には「普通方式遺言」と「特別方式遺言」があります。
特別方式遺言は、死期が迫っている時に使う遺言なので、
普通方式遺言について説明しますね。

普通方式遺言を細かく分類すると、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類があるんですよ。
3種類全て違った特徴があります。

宗教儀礼を行うならば…、ベターな順序は、まず宗教者。葬祭業者の前に、神職・牧師と相談しましょう!
この自筆証書遺言は、その名の通り 遺言書が遺言を残す人の自筆で書かれています。
書いた日付、自分の氏名、自署、押印が必ずしてあることが条件なのです。
気を付けることが、自分以外が書いたものや機械による作成はNGです。
また、沢山の自筆証書遺言があった時は、日付の新しいほうが適用されます。
次にこの公正証書遺言は、公証人に遺言内容をそのまま伝えて、書いていくものです。
自筆証書遺言にはなかった、手数料が発生します。立ち会ってもらう人も2人必要です。
公正証書遺言のいい点は、2名もの公証人が作ってくれることで、より確実な遺言を作成できることです。
最後に紹介するのが、この秘密証書遺言です。遺言内容は知られることなく公証人にも関わってもらう遺言のことです。
公正証書遺言と基本は一緒で、証人が必要でなので手数料が発生します。
しかし、遺言内容を言う必要がありません。ここの部分は自筆証書遺言と同じですね。
また、公証人の確認は受けるので、自筆証書遺言に比べれば
より確実なものが出来るのですよ。 どの書遺言も同じですが、大切な対語んしょですので無くさないように注意して下さいね。

今までに色々紹介しましたが、遺言書の種類によって作成方法が違います。
遺言を残しておきたい場合は、どれが自分に合っているのか考えて作成してくださいね。
お付き合いがあります宗教導師がある場合は、葬儀社の指定業者がある場合がありますので、事前に確認をして、葬儀日程を決める場合には宗教者の都合を聞いて日程と場所を決めます。