遺言書を残す意味

遺言書を残す意味

今回は「遺言」について考えていきましょう。
突然ですが、遺言書ってどこかで見たことありますか?

その前に「遺言」という言葉はどんな意味なのでしょうか。
遺言とは、残された家族や親族に宛てたメッセージです。主に財産や相続について本人の意見を参考にするように
書いておいたものを遺言書というようです。
日本ではなんと15歳から遺言を残せるらしいです。
15歳といえば、高校生の年齢なのにすごいですね。
葬儀の多様化が進んでいます。葬儀業者選びは、慌てて決めずに。葬儀プランは、無理のない予算から選びましょう。
遺言を残さない場合は、日本の法律によって相続や、財産の分割が決定します。
法律のままではなくて、違った形で相続をさせたい場合には、遺言書が活躍するようです。
また、遺言を残さなかった場合、相続する人全員で遺産分割協議書を作ります。このような共同作業が必ずでてくるので、
相続した人たちの仲が良くなかったり、疎遠な場合にはそこら辺の手続きが遅れたりするようです。
このような理由から遺言を残しておくことは、大事なことかもしれませんね。
万が一の場合でも葬祭業者を決められる時間はあります。
病院や施設から急がされて慌てて決めてしますと予想以上の葬儀費用が掛かる場合がありますので、葬儀予算をしっかり伝える事が大事です