競売と任意売却の大きな違いについて

競売と任意売却の大きな違いについて

このページでは任意売却について一緒に考えていきましょう。
人生の選択肢としてマイホームを購入する方は多いと思います。しかし、マイホーム購入時は払えると思っていた住宅ローンも、
人生何が起きるか分かりません。
こんな時、一つの選択肢として入れておいて欲しいのが任意売却です。
任意売却のメリットは、一般に出回っている不動産価格に近い金額で売却できるので、残った借金を減らすことが出来るという点です。
ここで競売も同じなんじゃないの?と、思った方もいると思います。
しかし競売は、実際の価格よりもかなも低い金額で取引されてしまうのが現状です。

そうすると、残った借金はあまり減らずに困りますよね。
何もしなければ競売は逃れられません。その前に任意売却も考えていきたいですね。
任意売却の一番のメリットは、なんといっても周りに知られずに出来るので精神的負担が少ないです。
競売になってしまえば、競売物件として情報は公開されてしまします。
任意売却は本人はもちろん、大切な家族の気持ちの面でも負担が少ないのではないでしょうか。
競売になる前に出来る事があります。
任意売却の相談は無料で行ってくれるところが多いです。是非相談してみましょう。

任意売却のその他のメリット

大切なマイホームが競売にかけられた時の精神面は、想像を絶するものだと思います。
全文でも紹介しましたが、任意売却の一番のメリットは周りに知られずに行えるということです。
そして任意売却は金銭面でのメリットも見逃せません。

出来る事なら多く借金を減らしたいですよね。

任意売却ならば、一般に出ている不動産と同じように取引出来るので、
競売よりも高値で取引されるケースがほとんどです。

そして、競売の場合は、立ち退き後の引越し費用までは負担してくれないことが多いです。

しかし、任意売却ならば必要に応じて、引越し資金の相談も出来るようです。

また、競売の場合は手続きまでに時間がかかりますので、その間にも借金が増えていくかもしれません。
それならば、早期に行動を起こした方がいいですよね。

万が一の際には「任意売却」という選択肢もありますので覚えておきましょう。