任意売却の流れはそんなに複雑ではありません

任意売却の流れはそんなに複雑ではありません

このページでは任意売却の流れについて説明していきます。
任意売却は、一見難しそうですが一般の不動産売買と流れは同じです。
一般の不動産売買と同じように、買い手が見つかりスムーズにいけば、
1か月程の手続きで終わることもしばしばです。
本人が意欲を持って協力してくれれば、業者側も早期に動くことが出来ます。
競売は出来るだけ避けたいものです。任意売却を考えている方は、協力体制をとって早め早めの行動をとって下さいね。
任意売却の基本的な流れについて説明していきますね。
任意売却の流れは、「面談→査定→売却活動」というシンプルな流れになっています。

面談の時間や場所は必ずしも不動産の店舗というわけでは無く、依頼者に合わせて依頼者の自宅等にもしてくれます。
査定は依頼者の希望を含めて一緒に考えてくれます。そして売却活動は依頼者が依頼した不動産業者で、公告活動やホームページに載せたりして行います。
任意売却の大まかな流れは一般の不動産仲介と同じですね。

任意売却用語「期限の利益の喪失」について

せっかく購入した大切なマイホーム・・しかし、人生何が起きるか分かりませんよね。

住宅ローンを滞納してしまった!!という場合には、金融機関から沢山の郵便物が届くのです。

まずは、比較的優しい口調で書かれた督促状や催告書が届きます。これは、今まで滞納しているお金を払ってくれとという書面です。

そしてここで放置して約束を守らないと「期限の利益の喪失」の書類が届きます。

住宅ローンを組んだ人は、この期限の利益が認められているので住宅ローンの分割返済が出来るのです。

期限の利益とは、通常は一括で住宅購入するところを、月々の分割支払いにしてくれる猶予期間のようなイメージです。

この期限の利益が喪失するということは大変なことですよね。

なぜならば、期限の利益が喪失すると今までのような分割払いが出来なくなるということです。
そして、その時点で残っている住宅ローンを「一括返済してください」となる訳です。

今まで分割で払ってきたものを一括返済するなんて、なかなか出来ることではありません。

ここを放置していると、あっという間に競売にかけられている・・なんてことになります。

もし期限の利益の喪失の通知がきてしまったら任意売却の相談を急いでくださいね。