任意売却の初期費用が払えないときには

任意売却の初期費用が払えないときには

任意売却を考えた時、業者に支払う費用引越し資金など、初期費用が気になりませんか?
住宅ローンだけでなく、カードローンや税金滞納など他にも借金があるケースをあるかもしれません。
このような場合、任意売却が出来ないのではないか・・と、心配になりますよね。
実は、任意売却は仲介手数料をもらうような普通の不動産売買活動とは異なり、少し特殊なんです。
初期費用が無くても任意売却が出来る可能性があります。
成功報酬型の任売却業者では、契約が決まってその中から費用を払えばいいという場合もあります。

家の売却が決まってから初期費用を払えばいいので、お金に困っている方でもお願いすることが出来ますね。
そして、忘れがちなのが任意売却が決まった後は、次の転居先へ引越し資金も必要ですよね。
うまくいけば引越し資金を確保できる場合もあるようです。そしたら心が少し楽になりますね。

任意売却を考えている方は、業者の方と十分相談して話を進めて下さいね。

まずは任意売却の相談を・・

ここで任意売却のメリットを紹介しますね。
メリットの1番は、競売よりも高値で販売活動が出来るということです。今まで大切に住んできたお家。
出来るだけ借金は減らしたい・・というのが本音ですよね。

もちろんお金を貸した側の銀行も、出来るだけ借金を返して欲しいところです。
しかし、一度競売になるとその地域の相場以下で取引されてしまいます。
競売ではだいたい、その地域の相場の6割程度の値段がつけられます。
このような事情から、競売にかかられると銀行側に返せるお金も少なくなるのです。

このようにただ競売にかけられるのを待っているより、任意売却という道も考えていきたいですよね。
任意売却は債務者と銀行の両者にとってもメリットが多いです。
任意売却は裁判所を通さずに、市場に出ている不動産と同じ売買活動になりますので安心ですね。

人生なにがあるかは分かりません。万が一、住宅ローンの支払いに困ったら任意売却も考えてみた下さいね。