葬儀社について

葬儀社について

私は葬儀社で働いています。
近年、葬儀に関するイメージが少しずつ変化してきたと言われています。

『東日本大震災』がきっかけの一つでしょうか。
改めて思うことは
『地震や噴火など、我が国では予想もできない災害によって突然命を落とすこともある』ということです。

私たちは、そのような突然のお別れに備え、
大切な人との思い出を、最も大切なものとして暮らすようになりました。

人の絆を強く意識する生き方が尊重されるようになりました。
私も、大切な人との時間が最もかけがえのないものだと考えるようになりました。
そんな時代に、葬儀のあり方やイメージが変容することは
至極当たり前のことと言えるのかもしれません。

葬儀は一般的には悲しくつらいものとイメージされています。
誰もができることなら避けたいものと考えていることでしょう。
しかし、誰もが大切な人とのお別れを人生においては何度か経験しなければいけません。
その大切な人との最後のセレモニーが葬儀なのです。

私たちセレモニースタッフは、そんな大切な人との最後の時間を過ごさせていただきます。
お手伝いさせていただくという表現では失礼なのかもしれません。
私たちはできる限り、大切な人との思い出にゆっくりと耽る時間を過ごしていただきたいと願っています。

一般的に、「葬儀」とは「宗教的な儀式」のようなイメージが強いと思います。
確かに古より習慣としての風習や約束事が葬儀にはあります。

しかし、私が最も大切に思っていることは、
『大切な人との生前の思い出』であり、『その人と共有した時間』
をできるだけ尊重した葬儀をお手伝いすることです。
特に「無宗教葬儀」の場合、それを上回る意義はないのかと思います。

私たち葬儀社スタッフは
『故人様が生前みなさまと過ごした時間の共有に最も配慮したい』
と考えております。

良い葬儀という言葉も不謹慎なのかもしれません。
しかし、私は何度も良い葬儀だなと感じる瞬間に立ち会ってきました。
参列されたみなさまが、口々に生前の故人様の思い出を口ずさみ、笑い、泣き、そして思いに耽る瞬間に立ち会ってきました。
これからもそういった時間を提供していきたいと考えています。 生活保護受給者の葬祭扶助について

町田市の葬儀を真心こめて